転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ > 転職Q&A
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

転職Q&A

同業他社へ転職が決定したのですが、現在の会社に言いにくいのですが。
新しい会社に気持ちよく入社するためにも退職時のトラブルは避けたいものです。
同業界だけに悪い噂が流れたり、勤務先企業に問合せがある可能性もありますし、退職時のトラブルは良い印象を与えるものではありません。
今後のことも考えて、出来る限り正直に伝えるようにしましょう。基本的に、同業への転職を禁ずる競業忌避契約を結んでいる場合等は別ですが、しっかりと誠意を持って伝えることでなんとか理解を得られるように努力しましょう。また同僚や先輩等、同業界に転職した人が近くにいる場合には、どのように会社に伝えたかを聞いてみるのも良いかもしれません。
現在働いている会社に退職を申し出てからどのくらいで退職できますか?
退職日までの期間は、企業やあなたの現状によっても異なってきます。一般的には、1〜2ヶ月程度の期間で退職されている方が多いようですが、勤務されている企業の就業規則などに退職の申し入れの期間が定められていると思いますので確認してみましょう。「1ヶ月前に申し出ること」とあれば、最短でも申し出てから1ヶ月後でなければ退職出来ないということになります。また規則上は退職出来る状況でも、現在の担当業務を途中で投げ出す形での退職は避けた方が良いでしょう。
希望している転職先企業から内定をもらったのですが、現在、別の企業へ出向中で、まだ契約期間が残っています。このような場合でも退職は可能でしょうか?
基本的には退職は可能です。たとえ出向していても、雇用契約を結んでいる出向元の企業との契約となるはずですので、出向元の企業の就業規則に則った退職の申し入れであれば、出向の契約期間に関わらず退職が可能となります。
但し、出向に関する契約が、企業間ではなく、あなた自身と出向先の企業とで結ばれている場合は、少し状況が変わってきます。契約期間の途中で退職となると、契約を守っていないという状況になる可能性もありますので、注意が必要です。業務に大きな影響がある場合には、退職が難しいこともあり得ると思われますので、まずはご自身の契約内容を確認してみる必要があるでしょう。また、契約の内容に関わらず、まずは出向元の企業の上司の方と相談することが望ましいと思います。相談次第では契約途中であっても、あなたの気持ちを尊重して頂けるかもしれません。
職場に退職の申し入れを行う際、「転職」の為に退職というと反感を持たれそうなので、出来れば違う理由で円満に退職したいのですが。
転職ということを理由にしたくないようですが、嘘の理由を伝えることはお薦めできません。事実と異なることを伝えれば、どこで洩れるか分かりませんし、もしそのことが発覚した時には、あなた自身が一番気まずい思いをするはずです。また、気持ちの上でも、嘘をついたことがいつまでも離れず、居心地が悪くなるのではないでしょうか。 気持ち良く退職し、晴れやかに次の会社へ入社するためにも、出来るだけ事実に沿ったことをきちんと伝えるようにしましょう。その際には、お世話になったという感謝の気持ちも併せて伝えれば良いと思いますよ。あなたの前向きな気持ちでの退職であることが分かれば、今の会社の方も応援してくれるはずです。
上へ戻る
一覧へ
退職直前に有給休暇を全て消化してしまいたいのですが。
有給休暇は利用の目的や申請時期の制限がありませんので、退職前に全て消化しても全く問題ありません。しかし考えなければならないこととして、業務の引継ぎが有ります。退職をすることで、これまで在籍していた会社の他の同僚等には少なからず迷惑を掛けることになると思いますので、事前に上司や同僚をしっかりと相談をした上で、業務に支障がないよう気を付ける必要があります。計画的に引き継ぎや残務整理を行った上で、有給消化を行いましょう。
転職活動が順調に進んでいます。在職中の会社に退職の意向を伝えたいのですが、どのようなタイミングが良いのでしょうか。
今勤めている会社に退職を申し出るタイミングは、現在転職活動中の企業から内定を受け、あなたがその内定を受託した後すぐにというのが一番だと思います。また、就業規則などで退職届・退職願を出す期限が定められている場合がほとんどだと思います。最低でも申し出から20日後とか、1ヶ月後でないと退職できないと定められているはずです。とはいえ、現在の業務の引継ぎなどを含めた退職の手続きに時間がかかるようであれば、次の企業への入社日に影響を及ぼす可能性もありますので、業務量によっては、早めに現職に退職の意思を伝え、後任を探してもらって引継ぎをするなどしたほうがいいかもしれません。ご自分の抱えている業務量や会社の就業規則などを確認した上で、あなたにとってのベストなタイミングを考えてみてください。
退職時に、会社から受け取っておかなければならないものは何ですか?
退職時に会社から受け取るものは以下の物になります。 ・雇用保険被保険者証 ・年金手帳 ・源泉徴収票これらは全て次の会社に提出しなければなりません。源泉徴収票に関しては、最後の給料が支払われた後に発行されるものですので、退職後に郵送されてきます。転職によってお住まいが変わる場合は、新しい住所を連絡する必要があります。それ以外のものについては、基本的に退職日までに受け取っておけば問題ありません。また退職後すぐに就職をしない場合には、ハローワークで失業給付を受ける際に必要となる「離職票」も受け取る必要がありますが、次の就職先が決まっている場合は必要ありません。
転職する時に必要な保険関連の手続きを教えてください。
以下の3つの手続きが必要になります。

■健康保険
社会保険加入者は退職日当日に退職する会社の総務担当部署に健康保険証を返還する事になります。また、国民健康保険加入者で転職先の社会保険に入る方は、管轄の役所にて国民健康保険の脱退の手続が必要になります。

■年金
退職すると、これまで勤めていた会社から「年金手帳」が返却されます。これを新しい会社に提出し、厚生年金に加入してもらうわけです。もし国民年金に加入していた場合は、厚生年金保険に加入すると種別の書き換えは自動的に行ってくれますので、何も手続きは必要ありません。

■雇用保険
雇用保険の加入にあたっては、「雇用保険被保険者証」が必要となります。これは退職する時に企業から返却されてきます。新しい会社から提出を求められたら渡すようにします。すぐに転職をしない(ができない)場合には、雇用保険の基本手当(失業給付)を受給することができますが、この場合も必要になってきますので、紛失などしないようにしましょう。また一定の要件を満たせば「再就職手当又は就業手当又は常用就職支援手当」が支給されることもあります。詳しくは管轄のハローワークに問い合わせてみてください。 。
転職活動が順調に進み、数社から内定を頂いています。失礼のない内定辞退の方法を教えて下さい。
中途採用の場合、企業側も予め内定辞退を想定して余剰人員を採用することはありません。内定辞退は企業にとっても大きなダメージになりますので、辞退すると決めた場合には速やかに企業側へ連絡をする必要があります。一度は入社したいという意思表示をした企業に辞退の連絡をするわけですから、失礼にならないお詫びというのは難しいと思います。しかし、ここは社会人の礼儀として、内定を頂いたことへの感謝と、辞退することへの謝罪をしっかりと電話等で述べる必要があります。当然理由を聞かれるかもしれませんが、これについては正直に第一希望の企業からも内定を頂き、そちらに入社したいと考えている旨を伝えて構いません。辞退する企業への連絡が早ければ早いほど、企業側も新たに募集をかけることも出来ますし、状況次第では選考中の別の応募者に内定を出すことも可能ですので、曖昧な状態で連絡を先送りすることは避けるべきです。
上へ戻る
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.