転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

ホーム > 転職アドバイス > ピックアップ! 注目企業のご紹介 >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

ピックアップ! 注目企業のご紹介

株式会社セゾン情報システムズ
会社概要
クレジットカード、流通サービス、人事給与など、人々の暮らしに密着した情報システムの開発・運用を得意とする優良企業。1970年の創業以来、流通、クレジットカードビジネスをはじめとする幅広い分野で多くのお客様の情報システムの構築・運用に携わるとともに、これまでのノウハウを結集させたパッケージソフトの開発・販売も展開しており、事業内容は多岐に渡っています。中でも、自社開発のパッケージソフト「HULFT」は、TCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェアとして業界シェアNo.1を獲得しており、企業から圧倒的な支持を得ている。また、「Bulas(ビューラス)」は、給与業務全体をサポートするアウトソーシングサービスとして、既に多くの企業に導入され、人事部門の本業集中とコスト削減を支援しています。 システムの企画・設計・開発だけではなく、クライアントの情報資産の管理や運用まで、ニーズに合わせた高品質なサービスをトータルに提供することでクライアントのビジネスを強力協力に支援している。 昨年5月、中期経営方針として「変化への挑戦」をテーマに「事業の改革」、「組織の改革」、「人事の改革」、「業務の改革」及び「企業風土の改革」の5つの改革を策定。業界平均を驚愕する成長を視野に現在様々な改革に取り組んでいる。
募集背景
カード事業では、業界全体が再編の渦中にあり、情報システムの共同化や戦略的競争領域の強化も図られ、今後更なる業務拡大が見込まれているという状況にあり、慢性的に要員が足りなくなっています。また、HULFT事業においても現在好調に販売が推移している中でこちらも純粋に技術者の増員が必要です。人事・給与業務のアウトソーシングサービスBulasも顧客数が増加しており、技術者の増員が必要です。
入社後のキャリアパス
入社後はこれまでご経験されてきたスキルをフルに活用して活躍して頂きたいと思っています。当社では上流工程から運用業務までを一貫して行っており、上流工程への参画やプロジェクトリーダー等へのステップアップも望める環境があります。顧客との直接のやり取り等も多く顧客折衝能力の向上等も期待出来ます。 またマネジメントを極めたい、技術者としてスペシャリストを目指したいという各自の志向性も考慮したキャリアステップも用意されています。
ここがポイント
TCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェアHULFTを代表に、市場シェアNo.1を誇るパッケージを開発する技術力を持っている会社です。2006年3月には、生鮮食品売場の鮮度やロスを、独自の数値基準で可視化するシステム「生鮮ナビ」を開発し、食品スーパーマーケット向けに販売を開始いたしました。 また情報システムの企画・設計・開発だけでなく、お客様の情報資産の管理や運用まで、幅広い守備範囲もポイントです。 女性の働きやすい企業として以前から注目を集めていますが、最近では開発現場に新たにリフレッシュルームを導入する等、福利厚生面での充実も見逃せません。
募集職種について
業務系SE(汎用系)
クレジットシステムに関わる
・ 汎用系システム開発業務
・ 開発プロジェクトリーダー候補

汎用機系の業務アプリケーション開発技術者を積極採用中です。 カード関連の業務知識がなくても業務を通じて学んでいただけますので、汎用系エンジニアの方は積極的にご応募下さい。もちろん、クレジットカードの業務知識がある方なら大歓迎です。スキルや経験に応じて早期にプロジェクトリーダとしてご活躍いただくこともあります。

パッケージ開発SE(オープン系)
・ 新規開発案件の開発作業(設計〜テスト)
・ HULFT(ハルフト:当社パッケージソフト)製品群の維持作業

市場シェアNo.1を誇る「HULFT」製品郡の開発を担当して頂くエンジニアを募集中です。C、C++の開発スキルを持ち、WindowsAPI やUnixシステムに精通している方には最適のポジションです。

業務系SE(オープン系)
・ 人事給与システムの設計・開発

人事・給与システムのアウトソーシングサービス「Bulas」関連の設計・開発エンジニアです。企業の人事部門をお客様として人事・給与業務に係わる業務全般のシステム構築を行います。オープン系言語を使用しての業務系システム設計・開発経験者もしくは人事・給与システムの設計・開発経験者(汎用機経験者も歓迎)を求めています。

その他の職種はこちら
採用担当者インタビュー
− 選考の流れ
適性試験、一次面接、二次面接という流れになります。 募集ポジションによって、適性試験と一次面接の順番が入れ替わる場合もあります。書類選考通過後、スムーズに行けば4週間程度で内定まで行きます。

− 職務経歴書について
一般的に開発経歴をただ羅列されている方を多く見受けますが、出来れば各担当プロジェクトの規模やその中でのご自身の役割等、もう少し詳しく説明されていると良いと考えています。また自己PRや当社に入って何をやりたいのかといったより具体的なイメージが盛り込まれているとなお良いと思います。 当社で書類選考を担当するマネージャークラスの者と話をすると、転職回数や離職後のインターバルを気にするケースは多いですね。それぞれ事情はあるとは思いますがやはり多すぎるとあまり良いイメージは持たれません。そういう意味でも応募書類に以前に転職した理由や今回なぜ転職を考えたのかといったところまで説明されているだけで印象は変わってくると思います。

− 面接について
最近特に現場から聞く声としてはコミュニケーションがしっかり取れないとだめという意見です。緊張してしまうのは当然ですが、お客様先での折衝等を想起出来るように、ある程度リラックスして臨んで頂いた方が良いと思います。 聞かれた質問が分からない場合にはわからないと答えて良いと思います。よくあるケースとしては、こちらが聞きたいことと最終的にお答え頂く内容がずれてしまうこと等があります。これでは実際の業務の中でもお客様の求めるものにこちらが正しく解決方法を提示出来ないことと同じになってしまいますので、コミュニケーション能力不足とみなされてしまいますね。 また当社への応募理由が明確でないと判断されて面接でNGとなってしまうようなケースもあります。自分自身がなぜ当社に応募しようと思ったのか、当社に入社したらどんなことを実現していきたいのかといったところを事前に自身の中で整理されていない場合が多いように感じます。
上へ戻る
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.