転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ > 転職活動の流れ
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

転職活動の流れ

計画を立てる
転職の目的を整理しよう
転職を考え始めるきっかけは人それぞれ。「キャリアアップ」「もっと技術や知識を身に付けたい」などの前向きな思いもあれば、案外「人間関係」「仕事がつまらない」といった現在の職場への不満からということも少なくないでしょう。きっかけがどんなことであっても、最終的に、明確な転職目的が見えてくれば、まずは、転職活動の第一歩は成功といえます。

例えば、「今の仕事がつまらない」→「やりがいある仕事に転職」→「忙しくて自分の余暇がなくなってしまった」→「また不満」。このような悪循環に陥らないために、自分がどうなっていきたいのかをふまえて、生活というレベルで転職の目的を考えてみる必要があるでしょう。
転職のスケジュールを決めよう
転職活動期間も人によって異なります。今抱えている仕事にも関係しますし、応募する企業の数や面接の日時などにも影響されます。でも目安としてご自身で決めておいたほうがいいでしょう。
その際、今手がけている仕事の区切り、離職のタイミングを確認しておきましょう。やはり何といっても、これまでお世話になった会社を円満に退職した後で、新しい仕事をスタートさせることが一番です。
また、前段で申し上げたように、自分を見つめなおす時間も考慮しましょう。現状への不満を抱えつつ、これからの自分のことを考えるには、意外と時間やゆとりを必要とするものです。
上へ戻る
情報を収集する
求人企業、求人案件の情報を収集する上で重要なことは、自分の転職の目的を明確化すること、そして希望条件の優先順位付けを行うことです。転職することによって新たに得られるもの、失ってしまうものをしっかりと確認した上で、新たに得られるものを優先するのだという信念を持って決断することが重要なポイントです。

また、希望条件については「絶対に譲れない条件」、「多少緩める事が出来る条件」、「妥協出来る条件」というように、優先順位を付けてから求人情報を絞っていくのです。

現在、求人情報は転職情報サイト、企業のホームページ、有料・無料情報誌等の様々な媒体から収集することが可能です。転職情報サイトは、職種や勤務地などの希望条件で検索出来たり、募集各職種についてより詳しく取材記事が載っていたりとたいへん便利です。また企業のホームページには、経営者や人事担当者、先輩社員等のメッセージや、自社のサービス内容等が詳しく掲載されていることが多く、とても有効な事前研究ツールとなります。

こうした求人情報を通して、自分の掲げる条件が変わってくる、ということもあるかもしれませんが、自分のライフスタイルを常に想像しながらより適した仕事を探してみてはいかがでしょうか。
上へ戻る
応募書類を作成し、企業に応募する
履歴書・職務経歴書などの応募書類は次の面接へのステップを踏むために大変重要です。面接の前に必ず書類審査があるわけです。ここで残らないと次の面接へは進めないわけですから、自分のアピールポイントを簡潔に、わかりやすく書く必要があるわけです。

履歴書はあなたの基本情報ともいえます。誤字脱字や卒業年度などを間違えないように気をつける、というのは基本中の基本。職務経歴書は、なるべくあなたのスキルや経験がすぐに伝わるようなレイアウトや書き方を考える必要があるでしょう。

人材紹介会社は、求人情報を検索したり職種から探したりできるサイト運営以外にあなたの書類作成のアドバイスやお手伝いをしています。自分で書いていて煮詰まったとき、どうやって表現したらいいものか、迷った時に、相談してみてはいかがでしょうか。

キャリアプランネットワークでは、不定期に、職務経歴書のアドバイスや、転職相談のセミナーを開催しています。すべて無料ですので、どうぞご活用ください。
上へ戻る
面接を経て内定を獲得する
面接において、まず大事なのは「第一印象」です。第一印象でうまく受け入れてもらえれば、続く会話もスムーズにいきますが、そうでないと、続く会話の中でフォローして好印象にかえなくてはなりません。これは相当難儀なことだと思います。面接会場に入ってすぐですから、気をつけるべきポイントとしては、「表情」と「服装」です。ニタニタしすぎもよくありませんが、暗いよりは明るい表情を作っていたほうが好ましいでしょう。また服装も、清潔感を出しビジネスの場にいることを意識しましょう。ドアを開ける前にノックする、室内に入った時にきちんと挨拶する、などは更に基本中の基本。もちろんそんな事はみなさん、十分にご承知ですよね?

第一印象で好印象を持ってもらえたら、次は中身です。これこそ最も重要な事なわけですからしっかり準備をして臨みましょう。

聞かれた質問に簡潔かつ、的確に答える、という事が大事です。これができないとコミュニケーション能力が低い、と判断されてしまいますので、注意しましょう。中途採用の場合は、即戦力になり得るか、という観点での質問が多いと思います。自分のこれまでの経験や技術力を具体的に相手にわかりやすく伝えられるように、しっかりと頭の中で整理しておきましょう。

複数社に応募して一社は内定までいったものの、他の結果を待ってから進路を決定したいと思っている場合、前者に受諾意思を伝えず延ばし延ばしにし、挙句の果てに辞退する、というのはマナー違反ですから絶対にやめましょう。前者にはきちんと事情を説明するようにし、こちらの意思表示を待ってもらえないかお願いしてみるようにすることが好ましいです。最終回答期限を切られる場合もあるもしれませんが、それもやむを得ない事と思います。

人材紹介会社では、応募から面接、その後のスケジュール調整までお手伝いしています。上記のような複数社間との調整なども、人材紹介会社をうまく活用して、効率良く転職活動をしていただけるはずです。
上へ戻る
円満に退職、そして・・・
内定を獲得したら、次は円満退職の準備にかからなければなりませんね。
最初に、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。とはいえ、突然退職届けを出すのは、いくら何でも失礼です。切り出すタイミングを計るのもなかなか難しいと思いますが、なるべく忙しい時間帯は避け、上司とじっくり話の出来るタイミングを見計らうようにしましょう。予めアポイントをとっておくといいかもしれません。上司としっかりと話をした後に、正式に退職届けを提出しましょう。

退職日は、就業規則に準じて決めるものですが、現在関わっている仕事の区切り等も考慮するようにしましょう。新しい仕事が決まったからと、今の仕事を放り出してしまっては社会人としての資質を問われますし、現職を円満に退職することが入社条件という企業等もあります。
これまでお世話になった会社です。「飛ぶ鳥後を濁さず」という言葉があるように、退職時においても誠意をもって対応し、気持ちよく新たなスタートを切れるよう円満に事を進めましょう。
上へ戻る
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.