転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
第98回「し」(原田 宗典著 幻冬舎)
あまりの短さにびっくりしてしまうこのタイトル、日本で一番短い題名 の本、といっても過言ではないでしょう。「し」はひらがな一文字で一 番たくさんの意味を持つ言葉なのだそうです。子・師・詩・歯・死・ 誌・仕・使・氏・試・・・・・・その数なんと297!この中から原田 さんがピックアップした「し」を軽妙な文章でつづったエッセイ集。笑 いあり、ジンと胸をつかまれたりと、たった一文字のひらがなから人生 のいろんな扉が開かれます。
「師」では原田さんの尊敬する師匠、コピーライターの岩永嘉弘さんに ついて書かれています。原田さんは大学卒業後、独り立ちするまでの5 年間、岩永さんに“拾われて”アシスタントをしていました。原稿用紙 の使い方から礼儀作法まで、かなり厳しく叩き込まれたようです。当時 は反発を感じたけれど、今は怒鳴られたからこそ学べたのだと分かる、 といっています。そんな厳しい師の、今だから言える失敗と、それを原 田さんが指摘したときの絶妙な居心地の悪さ・・・・「師もまた過つ」 ことも学んだようです。
「祠」では、原田さんの書斎に神様として祠ってあるものについてで す。原田さんの書斎の扉を開けてまず見えてくるのは、友人・長岡毅さ んの十字架をテーマにした100号サイズの絵。その十字架を背負うの は長岡さんなのか自分なのか・・・いつもぼんやり考えるそうです。次 に目に付くのは横幅3mの机に並べてある日本文学全集70 巻。日本の文学界を支えてきた偉大な作家の名がずらりと並んでいるの をみて感じる、諦めと萎縮感。
それを払拭するのが、その横に祠ってある水上勉著「宇野浩二伝」。こ れは、優れた人間の仕事に接すると、自分にも同じものが何処かにある と目を覚まされ、仕事に対する意志を原田さんに感じさせてくれた作品 で、自分の仕事一つ一つを大事に作っていこう、と考えるきっかけと なった本です。その左には祖父母から奥さんまで、家族の写真。右側に は40を過ぎで改めて文学を教えられた小林秀雄の写真。その前に はいつもお酒を供えてあるそうです。隣にはレオナルド・ダ・ヴィンチ とミケランジェロの絵が競い合うように祠られ、その戦いを往なすかの ようにある、富岡鐵斎のドジョウに犬の顔をくっつけたようなふざけた 龍の絵。そして最後に自分の息子が7歳のときに書いた、作者本 人いわく、失敗作の絵がすべてをまとめるかのように祠ってあるそうで す。
宗教をもたない原田さんが仕事場である書斎に祠るものは、仕事に対し て自分を奮起させてくれるものばかりのようですね。自分を前向きにさ せてくれるものを自分の部屋においてみる。飾るのではなく、祠る、と いう気持ちで毎日眺めてみてはいかがでしょうか。

『し』(原田 宗典著 幻冬舎) はこちらから購入できます
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.