転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
第95回「たぶん最後の御挨拶」(東野 圭吾著 文芸春秋)
ここ数年、東野圭吾さんの作品が飛ぶ鳥をも落とす勢いで話題になって いますね。「秘密」「百夜行」「容疑者Xの献身」 「手紙」「探偵ガリレオ」など、多くの作品が映画化・テレビドラマ 化されています。こんなにもヒット作ばかりを作り続けている東野圭 吾ってどんな人だろう、と興味を持った人にお勧めなのが今日ご紹介す るエッセイ。東野さん本人による自分史、自作の解説、寄稿したエッセ イなどが集録されていますが、本人曰く「エッセイとしては最後」とい うことで、生まれてから昨年度直木賞を受賞するまでの50年余りの苦 境が、大阪人らしいユーモアと笑いで事細かに書かれています。

28歳で江川乱歩賞受賞という華々しい文壇デビューを飾った東野さん は文系の人と思いきや、工学部電気工学科の大学を卒業し、自動車会社 の技術研究員をしていた理系の人。高校時代からミステリー作品を書き 始めましたが、一時的なもので、大学時代はクラブ活動や映画作りに熱 中していたようです。エンジニアとして入社2年目、成果の上がらない 仕事からの転職を考えていた頃、ある本の巻末にあった乱歩賞の応募要 項をみて、昔夢見ていた小説家へのチャレンジを思い立ちます。5年間 がんばって受賞できなかったら今の仕事を続けようと決心し、会社に通 いながら作品を書き続け、4年後、江戸川乱歩賞を受賞。それを期に会 社を辞め上京します。ここから十数年間、不遇な時代が続きました。乱 歩賞という看板の有効期限は驚くほど短く、後からデビューした作家が 次々と文学賞を獲り、自分は忘れ去られていく。一番つらい時期、東野 さんを支えてくれたのは叱咤激励し、支え続けてくれた編集者の人たち でした。押し続けていれば壁はいつか動く。そう信じ続けて書き続け、 デビュー14年目で日本推理作家協会賞を受賞しました。

東野さんは転職前のサラリーマン時代を振り返り、サラリーマンを体験 したことは今の自分の財産であり、武器だと思っている、と言っていま す。作品を読んだことがある人なら判ると思いますが、科学技術がらみ の話が多く、登場人物は技術職の人がよく出てきますね。これは彼の作 品のオリジナリティーにもなっています。そして、小説のネタのことだ けではなく、組織の中で過ごした生活すべてが今の東野さんを作ってい るのです。
今まであなたが経験してきたすべてのことは明日のあなたにつながって います。努力し、自分を信じて前に進み続けた東野さんのように、壁を 動かしてください!  

『たぶん最後の御挨拶』 はこちらから購入できます
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.