転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
第82回 「名画の言い分」(木村泰司著 集英社)
 仕事をしているといろんな方に会いますが、貴方は初対面の方とビジネ ス以外でどんな会話を交わしていますか? 終始「仕事」にまつわる話 題ばかりでは、つまらない人と思われてしまうかもしれません。 そこで人生の引き出しが必要になってきます。 日本にいると、海外の映画、美術展、音楽イベントなど、いろ んな一流文化が入ってきます。もちろん日頃、それらの作品を楽しんで いらっしゃる方も多いでしょう。

 文化を楽しむためには、感性が大切です。そしてその感性は「知識」 と対極のところにあるような気がしますが、知識があることで、感性が より豊かになることを教えてくれるのがこの本「名画の言い分」です。 著者は西洋美術史家の木村泰司さん。名画というと難しいイメージがあ りますが、この本は名画の魅力や歴史背景を興味深く、わかりやすく教 えてくれます。美術館に行くのが100倍楽しくなる本です。

 誰もが知る名画「モナリザ」。美人の代名詞のようにいわれています が、それはコマーシャルの影響であり、美術界で美しいとされてきたの は、描き方なんだそうです。絵筆の後が残らない特殊な技法を使って、 境界線をつくらないぼかした書き方が注目され、美しい絵画とされてい るんだとか・・・。
 また、肖像画の歴史を見ると、初期は横顔がほとんどたったそうで す。なぜなら、正面から描いていいのはキリストだけとされていたか ら。なので、肖像画を見るだけで、その国の歴史背景や、宗教までもわ かるんだそうです。美術品を通して歴史を学べる内容になっています。 名画に隠された物語を知るだけで、見る目も、そして感性もさらなる広 がりをみせてくれるから不思議です。

 欧米のエリートビジネスマンの間では、西洋美術史は常識のひとつ。 ちょっとした西洋美術の会話は、ビジネスの潤滑油にもなるでしょう。 こうやって考えると、お金をかけて接待するよりも、心の通ったコミュ ニケーションをとる方法はいくらでもありますよね。  もちろん、西洋美術に限ったことではありません。ビジネス相手と、 楽しい会話をさりげなくできるようになったら、貴方の魅力、そして価 値も高まるのではないでしょうか。

『名画の言い分―数百年の時を超えて、今、解き明かされる「秘められたメッセージ」』はこちらから購入できます
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.