転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
第69回 「最後の言葉」                       (川嶋あい 著 ゴマブックス)
先月末、毎週木曜日テレビ朝日系で、スタートしたドラマ『その男、副署長』の主題歌になっているのが、 川嶋あいさんの新曲「君に…」。川島さんにとってはこれが初の連続ドラマ主題歌だそうです。

ドラマやCMとのタイアップは、知名度アップやヒットへと結びつくことが多くありますが、 川嶋あいさんのブレイクのきっかけも、デビュー曲「明日への扉」が、テレビ番組「あいのり」の主題歌に 起用されたことでした。そして、その曲で、歌手なら誰もが願う、オリコン1位を獲得。
夢を叶えるのですが、本人は、とても悔しく、悲しかったそうです。なぜならその姿を誰よりも楽しみに待ち、 これまでの自分を支えてくれたお母さんは、その2ヶ月前に、亡くなってしまったからなんです。

そんな川嶋あいさん母子の夢への思いが書かれた自伝的エッセイが、「最後の言葉」
しかも、そんなに愛してくれたお母さんは、養母で、産みの親は、川嶋さんが生まれてすぐに亡くなりました。
乳児院で幼いときを過ごし、3歳で川嶋家へ特別養子縁組。蝶よ花よと可愛がられるのですが、
10歳のとき、養父を亡くします。生活は困窮しましたが、養母はあいを歌手にするという母子2人の夢、 大切な約束のために、自らの人生のすべてを捧げました。
そして、川嶋さんは、歌手になるために、大好きな養母のもとを離れて上京。
ですが、なかなかチャンスが訪れず、人に聞いてもらいたい一心から、路上ライブをはじめるのです。
最初は緊張して、歌もぼろぼろ。聞いてくれる人もいませんでしたが、「1000回路上をやってみる。
それでダメならやめる」と、決心。
やがて、観客もふえ、そこで、今のスタッフ、自分を支えてくれる仲間に出会います。

そして夢だった渋谷公会堂でのライブも決定するのですが、その夢を実現させる前に、
たったひとりの家族だった、養母がなくなってしまうのです。
でも、その時点で、歌手になるという母子の夢は、二人だけのものではなく、ファンや仲間、みんなの夢になってました。
そして、その夢を実現させるために、再び彼女は立ち上がるのですが、この10代の女の子が味わった苦労と、 経験、そして努力は、想像を絶するものがあります。でも、それでも前へ進む彼女の姿は、 「よし、自分も!」と、頑張るエネルギーを与えてくれます。ちょっと、後ろ向きな気持ちになった時、 疲れた時に、元気のくれる1冊です。


『最後の言葉』はこちらから購入できます
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.