転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
 第6回 「がなり流」 (高橋がなり著 青春出版社)
 これまでに2回起業し、そして、つぶし、3度目に立ち上げたソフトオンデマンド社で大成功をおさめた、七転び八起き人生を生きる、高橋がなり氏の著書「がなり流」。前回に続いて、この本をご紹介します。

プレッシャーをドキドキするという言葉に置き換えるという話を、前回お届けしましたが、この方は本当に逆境に強いというか、むしろそんな環境を楽しんでいます。がなり社長ほどの人物になれば、本業以外にも、メディアの取材を始め、たくさんの仕事が舞い込んできます。以前、愛媛の商工会議所から講演の依頼がきました。その仕事に対し、がなり社長は初め、「そんな田舎行きたくない」「経営者のくせに群れたがる奴は嫌い」「田舎モン相手に話など通じないだろう」と、とても嫌がりました。

なのに、なんと、彼は講演会に行くことを決めました。しかも、東京から自転車で。

はぁ?と首をかしげた貴方、それが正常な反応です。でも、がなり社長の思考回路は、普通ではないのです。マイナスの条件とマイナスの条件をかけることで、プラスの何かが生まれるのではないか?そんなことを彼は考えてしまったのです。嫌な講演に、自転車で行くという、辛い条件同士をかけることで「マイナス×マイナス=プラス」になると。

そして、本当に行ってしまいました。まだ寒い季節だというのに、自転車でたった一人で何日もかけて、がなり社長は愛媛へと向かったのです。初日は、東京・立川市にある自宅から箱根湯本まで。途中、台風のような雨が降りだしました。上り坂がきついそのコースを悪天候の中、自転車で走りながら、がなり社長が思ったことは、「初日でこの辛さを克服すれば、もう先の天気や地形を怖がらなくてもすむ」と、そして、自分の若かりし頃の辛き思い出、佐川急便のドライバー時代のことを懐かしんだりしているのです。そして、体力的にまだまだやれる自分を確認して、喜んでいる のです。そして、疲労感と孤独感を乗り越えたからこそ手に入れられた今の成功を実感していました。

辛ければ辛いほど、乗り越えた時に、より大きな何かを得られるはずです。

時には疲労感や孤独感に襲われることもありますが、そのプレッシャーから逃げずに立ち向かうことで、より大きな達成感を手に入れて下さい。

一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.