転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 発想の転換のきっかけ、ビジネス社会で生きていくヒント、 また、考え方が豊かになるような本の見所だけを、ご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」
 第35回 「脳が若返る30の方法」 (米山公啓 著 中経出版)
長期にわたって続いている、健康ブーム。最近は、その主役が「脳」になってきました。
脳年齢という言葉が登場し、脳を鍛えるための、大人のドリルがベストセラーと、なりました。また、ぬりえが脳にいいと流行り、はとバスでは脳を元気にするツアーなどもやっています。日本列島、空前の脳ブームといってもいいでしょう。

今回ご紹介する本「脳が若返る30の方法」は、ドリルや任天堂のゲームなど特殊なものを使わなくても、生活習慣で脳が元気になる方法が沢山紹介されています。なので、新しいことをはじめるのに、腰が重くなりがちな方も、すぐに取り組むことができるでしょう。例えば、パターン化された生活を変えるだけでも、脳の刺激になるそうです。いつもと違う駅の出口を使って、なれない道を歩いて家に帰る。ランチの時にいつも行くお店をかえて、新しいお店に入ってみるなど、そんな、ちょっとした心がけだけで、脳は元気になるそうです。また、いつも右手で打っている携帯メールを、急いでいない時は左手で打つだけでもOK。このような明日からできる脳を若返らせる方法が、いくつものっているのですが、この中に、転職にも役立ちそうな方法を発見しましたので、ちょっと紹介させてください。

転職中のあなたは、今、「目的」をもっているはずです。この目的をもつということが、脳の緊張を高め、眠っていた脳の活力を覚ましてくれるのだそうです。そして、この目標への緊張感が高ければ、高いほど、脳は、どうすればいいか考えて、最高の能力を発揮できるような回路を作ってくれるのだそうです。つまり、脳のほうで勝手に、意識にあわせて、意欲的に変化していくというから驚きです。
けれども、ただ漠然と思っているだけでは、効果はあまり期待できないようで、声に出したり、文字に書いて、明確に、自分の脳にインプットさせることが重要になってきます。よく受験生が、「T大学合格」と書いた紙を机の前に張っていたりしますが、そうすることで、寝る前や起きた時にその文字をみて、「よし、がんばるぞ」と脳が意欲的に変化するわけです。
一番いけないのは「できない」って思ってしまうこと。できないと思えば、脳は「できないようにと」動いていくようです。まずは、身近な、転職成功という目標をしっかり、脳に意識させてみてはいかがでしょうか?

一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.