転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 当社がお世話になっているコンサルティング会社に所属する「“元祖”朝礼コンサルタント!」が、ビジネス社会で生きていくヒントになり、ビジネスのヒントに考え方が豊かになるような本の見所だけをご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」

「“元祖”朝礼コンサルタント!」のHPはこちら
     
第147回 『夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。』高橋 歩著 サンクチュアリ出版

■■ 所感 ■■

文字も多くないので、あっさりと読めます。
リズム感もあって、すごく読みやすい本でした。

ちなみに、著者は1972年生まれ。
20歳で大学中退し、アメリカンバーを開店。

23歳時に”自伝”を出す目的に、自分でサンクチュアリ出版を設立。
自伝を出すために、自分で出版社を立ち上げるなんて…!?

その後は色々やりながら、今は世界中を家族で旅をしているということで、
肩書きのところには『自由人』をなっています。

破天荒な感じ、言葉遣いだったりはしますが、言っていることは
「自分に、自分の感性に素直に生きようよ!妙なものに縛られて、パワー
落として生きていたらもったいないじゃん!」
みたいなメッセージが随所にちりばめられているように思います。

といっても、好き勝手やれというだけでなく、”覚悟”を決めるということや、
自分で責任を持たなければいけないとか、とても大切なことも書いてあり
ます。

●本気さで勝つ、アツさで勝つ、バイブスで勝つ!
初めてやるヤツにとって、よりどころはこれしかないとオレは想ってる。
裏を返せば、それだけは誰に対してもボロ勝ちできるようじゃなきゃ、
ダメなんじゃないかな。
⇒情熱だけは誰にも負けない!
お役に立とうという思いだったり、朝礼にかける思いだったり…
そういうのがまだまだ足りてないで、小さいところで安値安定していると
感じました。もっと感じて、熱くなっていきます。

●自分が決めたことをクリアしてから次に行かないと、人生が積み重なって
いかないしね。なにをやっても同じ段階で無限ループすることになって、
ひとつ上のステップには絶対に行けない。
⇒中途半端に辞めるのではなく、やりきっていかないといけない。
何事もやり切れば、絶対に自分の宝になる。
中途半端で逃げていたら、ずっと中途半端なままだ。

●癒されたい?
若いうちは、いちいち癒されてる場合じゃないだろ。
疲れて当然、行き詰って当然。癒しを求めてるヒマなんてない。
攻撃が最大の癒し、充実が最大の癒し、ガンガン行こうぜ!
⇒確かに…。
優しい方に逃げないようにしていこう。
「充実が最大の癒し」。本当そうだと思いました。

●他人の目にどう映るかは別として、自分が「カッコいい」と想う人間には、
誰だってなれる。オレはそう信じてるよ。
⇒他人の評価ではなく、自分自身の評価としてカッコいいと誇れる行動を
しっかりとしていきます。




■■ 心に残った箇所 -本書より抜粋- ■■

●覚悟を決めろ。
  覚悟さえ決めれば、勇気なんて勝手に湧いてくる。

●「オレに出来るかな?」
  なんて考える以前に、何がやりたいか。
  出来そうなことの中から探しているうちは、
  きっと何も見つからないぜ。

●「判断」と「決断」。
  これはまったくの別モノなんだよね。
  常識的に、確率論的に、多数決的に、正しい方を選ぶのが判断で、
  逆に、多数決で100対1の少数派になるようなリスキーな方を選ぶ
  のが決断なんだと想ってる。
  目的を達成するためには、判断も決断もどっちも大切なんだろうが、
  オレは、市場がどうだとか、経験者がどう言っているとかで判断
  した時よりも、まわりから「失敗するぞ」と言われながらもリスキー
  な道を決断した時の方が、断然ワクワクする。

●大切なのは勇気ではなく、覚悟。
  ハラを決めてしまえば、すべてが動き始めるよ。

●オレらが何かを始めるとき、世の中は必ずというほど
  「理由を説明しろ」
  と言ってくる。でもそんなもん、自分がただ「カッケェって思う」
  とか「鳥肌が立つ」とか「ああいう風になりてぇ!」とかで
  十分じゃね?
  そうやって理由ばかり求めるから、やる方も
  「みんなに理解されないと始めちゃいけないんだ」
  って考えちゃう。そうすると、元々持ってた熱みたいなものも、
  だんだん削られて、トゲが取れて丸くなっちゃう。
  イザ始める時には、既に消耗しきちゃってる感じの人、多過ぎるじゃん。

●新しいフィールドで挑戦しようとすると、いつだって大人たちは
  「実績は?」って聞いてくるんだ。でも考えて見なよ。初めてやるヤツ
  にそんなものあるわけないだろ。
  「これからやることが実績になるんです」
  としか言えないじゃん。売れるか売れないかなんて、やってみないと
  誰にもわからないわけだしね。
  本気さで勝つ、アツさで勝つ、バイブスで勝つ!
  初めてやるヤツにとって、よりどころはこれしかないとオレは想ってる。
  裏を返せば、それだけは誰に対してもボロ勝ちできるようじゃなきゃ、
  ダメなんじゃないかな。

●「頑張る」なんてのは誰にでもできる。
  要は「頑張り抜くか」どうかだろ。

●「もっとやりたい事ができたから、やめる」
  なんて、ただ覚悟が足りなかっただけだろ。
  本当に覚悟を決めたヤツは、途中で諦めたり、嫌いになったりなんかしない。
  (中略)
  自分が決めたことをクリアしてから次に行かないと、人生が積み重なって
  いかないしね。なにをやっても同じ段階で無限ループすることになって、
  ひとつ上のステップには絶対に行けない。

●やり切ることに意味がある。
  やり切ってはじめて終わりが始まりになるんだよ。

●なぜ絶対と言い切れるか?
  とても単純な話オレは出来るまでやめない。
  だから絶対出来るんだよね。

●Belive your 鳥肌。
  鳥肌が立つほどの感動なんて、めったに出会えるもんじゃない。
  理屈なんかじゃなく、自分の心のどっか奥のほうが勝手に反応したわけだろ、
  それなら信じられるし、後悔はない。過去のデータとか統計とか、偉い人の
  言葉なんかより、自分が心底震えたことのほうが、はるかに本当であり、
  嘘がないよな。だから大きな選択を迫られたとき、オレは、自分の鳥肌を
  信じてる。

●癒されたい?
  若いうちは、いちいち癒されてる場合じゃないだろ。
  疲れて当然、行き詰って当然。癒しを求めてるヒマなんてない。
  攻撃が最大の癒し、充実が最大の癒し、ガンガン行こうぜ!

●他人の目にどう映るかは別として、自分が「カッコいい」と想う人間には、
  誰だってなれる。オレはそう信じてるよ。

●政治に限らず、会社も学校もみんなおんなじ。会社に不満なら社長になり
  ましょう。学校に不満なら校長先生になりましょう。
  文句をいくら並べてもなにも変わらない。それはただの愚痴だろ。
  文句をたれるくらいなら、自分でルールを変えた方がいい。それにはルール
  を変える力を持つこと。本気なら、それしか方法がないでしょ。
  さすがに、もう文句を言うのも疲れたべ。

●マーケティングが大事?
  人間、自信が無くなると、流行を取り入れようとしたり、媚びたりしちゃう
  んだよな。でも、オレみたいに器用じゃない人間にとって、マーケティング
  とかって、一番やっちゃいけないことなんだと想ってる。
  だってその土俵で勝負したら、たくさん投資している人や経験者に絶対
  負けだろ。
  やりたい事をやりたいようにやり抜く覚悟が本当にあるなら、信じるのは
  自分の直感だけで十分だよ。
  あとは「これだ!」って信じる方向に突っ走るだけ。

●何事もバランスが大事とか言う大人がよくいるけど、最初からバランスを
  とることなんて考えるなって想うよ。全力でやらないための言い訳にしか
  聞こえてこない。

●やりたくない事を日常的にやってると、本当にやりたいものが見えなく
  なっちゃう。
  そのうちに、金をやりたい事に使う度胸もなくなっちまうぜ。

●本当に自分が夢に向かってると言うなら、
  残業代?時給?どうでもいいべ。

●オレの経験上、言い出しっぺが「オレは一人でもやるぜ!」って言い切ら
  ないと、いくら仲間が集まったところで、壁にぶつかる度に解散の危機に
  なるさ。はじめから「みんなであの岩を押そうよ」ってことばかり言って
  いるような、単品では立てないヤツらが組んだら、かけ算すればどんどん
  マイナスになってくよ。だってそれぞれが1以下なんだから。
  仲間がいるからできるんじゃなくて、一人でもやる覚悟があるから仲間が
  集まる。結果、一人じゃ出来ないことがやれるようになるんだよね。

●本当に行動している人のまわりには、必要な人間が自然とタイムリーに 
  集まってくるものなんだ。何かをやる前から「人脈が大事」とか言って
  るヤツは、どんな人とつながっても、大した事ができるとは思えないぜ。

●言い出しっぺが、最後は全責任を負う。
  それが当たり前のことだろ。

●覚悟は一人で。やるのは仲間で。

●結婚や子供が理由で、やりたい事をできないって言っているようなレベル
  のヤツじゃ、たかが知れてるよね。
  (中略)
  ホームって言葉があるけど、人間は、家族とか、自分が帰るところが
  しっかりしてればしっかりしてるほど、攻められるようになるんだよね。
  「コイツらだけは、絶対に何があっても待っていてくれる」って信じられ
  るからこそ、攻められるんだ。
  子供にとっても、「父ちゃんは自分が生まれたから、やりたい事を諦めたんだ」
  って思わせるのは申し訳ないしね。子供のためにも、自分のためにも、遊び
  だろうが何だろうが、父ちゃんはやりたい事をやる!
  それをオレは子供に示したい。

●主婦がラクだと言うんなら、普通の主婦ってのを一度やり切ってみろよって
  感じだよ。オレは主婦リスペクトだよ。

●オレが何よりも自分の子供に伝えたいのは、
  「父ちゃんと母ちゃんを見ていると、大人になるのって楽しそうだな」
  って想えること。生き方は彼らが勝手に決めてくれればいいよ。




一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.