転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 当社がお世話になっているコンサルティング会社に所属する「“元祖”朝礼コンサルタント!」が、ビジネス社会で生きていくヒントになり、ビジネスのヒントに考え方が豊かになるような本の見所だけをご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」

「“元祖”朝礼コンサルタント!」のHPはこちら
     
第122回 『不況を乗り切る5つの方策』 稲盛 和夫著

■■ 所感 ■■

本書は2008年11月に行われた「盛和塾”やまなし”開塾式」、12月の「盛和塾関東地区合同例会」での講話を編集したものだそうです。
付録でそれとは別物ですが、CDが付いています。

読んでみて正直思ったことは…
「これだけで不況を乗り切れるのか…」という思いでした。
2008年の講話ということで、2010年の今は状況は全然違っていると思いますので、今でも同様のことをおっしゃられるのだろうか…という感じはしました。

しかし、思えば松下幸之助氏の”ダム経営”の講話を聞いて、参加者が
「どうしたらできるのか?」
という質問に
「しようと思うことだ」
と答えた…その一言を信じ、徹し続けて京セラを創り上げてきた稲盛氏に言わせれば、2008年だろうと、2010年だろうと…100年に一度の不況だろうと、逆に100年に一度の好景気だろうと、ここに書いてあることを徹するだけだよ。
そんなことをおっしゃるかもしれないなとも思います。




■■ 心に残った箇所 -本書より抜粋- ■■

●従業員、家族たちを路頭に迷わせてはならないと必死になって経営をしているみなさんに対して、私は、すばらしい経営をしてください、すばらしい経営をしていくためには経営者のみなさん自身の心を高めなければならない、ということをいっています。

 経営とは利益を追求しなければならないのだから、えげつない心、貪欲な心がなければ 経営はできないと思われがちかもしれませんが、そうではありません。
  その対極にあるやさしい思いやりの心、つまり、美しい心にならなければ、
  経営というものはうまくいかないのです。
  利他の心が大事なのだ、相手を思いやる心がたいへん大事なのだ。
  その心を抜きにして経営はできないし、利益をあげることもできない。

★不況を乗り切る5つの方策★
1「考え方を共有し、社内の融和・団結を図る」
●トップの社長も従業員も同じような考え方、同じような思想、同じような哲学をもつようにしてください。
  それは末端の従業員、つまり、アルバイト、パートのおばさんに至るまで同じような気持ちになるところまで
  フィロソフィを伝えてください。そういってきました。
  フィロソフィをただ話すだけではありません。
  みんながいっしょになって理解し、共有してくれるところまでいかなければならないのです。
  理解し、共有している状態とは、社長は従業員のことを思い、従業員は社長のことを思ってくれる。
  そういう関係になることを、私は「フィロソフィを共有する」というふうにいっているわけです。

2「徹底した経費削減で高収益体質をつくる」
●この不況のときに経費を節減し、何とか赤字がでないようにがんばっていくということは、次に景気が回復したとき、高収益企業になっているということなのです。
  このときに経費を減らすことができなければ、景気がよくなっても、売り上げは増えたけれども経費も増えていくということになって、何にもならなくなってしまうわけです。
3「トップが自ら動き、営業力を強化する」
●ただ「注文をください」といって回るのではありません。
  もちろん注文をくださいといわなければなりませんが、お客さんが注文してくださるとすれば、
  我々はそのお客さんに何をしてあげられるのかということを考えることです。
  (中略)
  自分が苦しいからというので「注文をください」「注文をください」といってお客さんを回ってみても、
  簡単に注文はもらえません。値段を安くするというだけではなくて、私の会社と取引をしていただければ、お客さんにはこういうメリットがあります、私どもはこういうことを差し上げられますということを訴えていくのです。

4「新製品・新商品の開発に力を入れる」

5「知恵をしぼり切って創意工夫に努める」
●ない知恵でもいいから考えてみるということがたいへん大事です。
●不況に突っ込んでいくいまこそ、誰にも負けない努力を社長自らがしなければなりません。また、同時にその社長を見習い、従業員も誰にも負けない努力をするという社風を、会社の中につくっていかなければなりません。




一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.