転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ >本気モード >
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

本から元気をもらおう!本気モード

 当社がお世話になっているコンサルティング会社に所属する「“元祖”朝礼コンサルタント!」が、ビジネス社会で生きていくヒントになり、ビジネスのヒントに考え方が豊かになるような本の見所だけをご紹介していく・・・ から元をもらう! 「本気モード」

「“元祖”朝礼コンサルタント!」のHPはこちら
     
第119回 『僕たちの”夢のつかみ方”をすべて語ろう!』 学習研究社

■■ 所感 ■■

3年くらい前、はじめて中村文昭氏の講演を聞いて、感動しました。

「何のために…」

トヨタの改革の基本精神十か条にも「何のために目的を明確にせよ」というのがあるということを知っていましたが、中村氏の講演を聞いて初めて自分自身に「何のために…」を問うてみました。

その流れから、朝礼コンサルタントで行こうと決まりました。

そんな中村文昭氏と倫理法人会の仲間でもある、居酒屋てっぺんの大嶋啓介氏の対談形式の本です。

企業規模うんぬんではなく、自分たちの夢をかなえている人たちの言葉は読んでいてワクワクさせられます。

何度も同じような言葉を聴いたり、読んだりしているけど、まだまだ自分が「なるほどな〜」程度で、実践できていない部分も感じました。

今回の活力朝礼セミナーもそうですが、やはり行動あるのみ。そんなことを改めて感じさせてもらいました。

●福島正伸先生の本にこんな言葉があります。

 つまらない仕事はありません。仕事をつまらなくする考え方があるだけです。
  意味のない仕事はありません。意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。
  『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』

●問題が起きたことが問題なのではなく、問題をどう捉えたかが本当の問題です。
  『問題はプラスに考えるとチャンスになり、マイナスに考えるとピンチになる』
⇒何事も気持ち次第。
  自分の気持ちを常にプラスに、プラスの側面から物事を捉えられるように…マイナスに引きずられないように、エネルギーを高めていこうと思います。

●「ありがとう」という感謝の言葉の対極にあるのは、「当たり前」なのだそうです。
   ⇒今回のセミナーも「自分ばっかり…」と思わずに、感謝の心を持ちながら準備に当たれたのが良かったのかなとも思います。
マイナスな感情を持っていたら、きっとそれが伝わって、もっとダメな会になってしまったのではないかと思います。




■■ 心に残った箇所 -本書より抜粋- ■■

●カッコいい大人、カッコいい人間になるには、自分の役割を果たすこと、今、自分に何らかの役割が与えられているとしたら、迷わずそれを精一杯果たせばいい。(中村)

●できない理由を言わずに、今できることをやって動き出したのなら、間違いなくその夢や目標に近づいていく(中村)

●みずからの経験から、経験の少ない者たちにできない理由を教えるのではなく、可能性を教えられることこそ大人の務め(中村)

●福島正伸先生の本にこんな言葉があります。
  つまらない仕事はありません。仕事をつまらなくする考え方があるだけです。
  意味のない仕事はありません。意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。
  『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』

●問題が起きたことが問題なのではなく、問題をどう捉えたかが本当の問題です。『問題はプラスに考えるとチャンスになり、マイナスに考えるとピンチになる』(大嶋)

●瞬間的な強さ、力というものは、他人のアドバイスでも発揮できるかもしれないけども 永続的な、本物の強さを手に入れようと思うなら、それができるのは自分でしかない
  (中村)

●「ありがとう」という感謝の言葉の対極にあるのは、「当たり前」なのだそうです。
  (中略)
  当たり前のことが当たり前ではなかったのだということに気づいた時に、幸せに気づけるということです。(中村)

●楽をしようと思うから、楽しさが感じられないのです。
  (中略)
  幸せとは、「楽をすることではなく、苦しいことの先にこそ達成感があり、充実感があり、感動がある」ということに気づくことなのかもしれません。(大嶋)

●幸せとは、他人が決めるものではなく、自分の心が決めるもの。どんなことが起きても、合い言葉は「チャ〜ンス」。何が起きても、「これは何のチャンス?」と、チャンスを探すことこそが夢を叶える力となるのです。(大嶋)

●失敗の連続ではなく学びの連続と考えれば、ツイてないとか不運だと思っていた自分の運命がとたんに輝き出して見える。(大嶋)

●自分があきらめないかぎりは学びや成長があるだけであって、そこに失敗はなくて、 うまくいかない経験をすればするほど、ノウハウとして蓄積されていくのみです。(大嶋)

●「もうダメだ!」という限界が、実はその人の能力を引き出してくれるポイントをあらわしているのです。(大嶋)

●子どもの成長が早いのは、たくさん転んできたから。大人の成長が遅くなるとしたら、 失敗を恐れ、恥を恐れ、転ばないように注意をしてしまうからだ(大嶋)

●どんな仕事をやっていても、何をやっていても、一生懸命やっていたらその人の才能は出てくるものです。
どれだから芽が出るとか、どれだからチャンスが転がりこんでくるとかではありません。一生懸命やっているから、何かが出てくるのです。(中村)

●今与えられている悩みというのは、その人にとって、もうジャストタイミングの、ぴったりのテーマだと言えます。首尾よく逃げられても、その悩みは、手を変え品を変え、どこまでも追いかけてきます。つまり、それを乗り越えない限り、次のステージへは進めないのです。(中村)

●リーダーが元気なら、周囲のみんなにも元気は確実に伝わっていきます。そう、元気は感染するのです。

●坂本龍馬のすごいところは、他にもたくさんあります。その中でも注目すべきは、確固たる自分というものを持っていなかったところだと思います。
  (中略)
  勝海舟を夜討ちにいって改心したエピソードなどは、まさにそうした坂本龍馬の柔軟性がしのばれます。(中村)




一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.