転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ > IT関連記事一覧 > Windows
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

Windows

ネットワークにおける脅威の概要2 ネットワークにおける脅威の概要2
Windows ネットワークにおいて脅威となりうるユーザーの役割(種類)や、攻撃の目的について
ネットワークにおける脅威の概要2
今回は、Windows ネットワークにおいて脅威となりうるユーザーの役割(種類)や、攻撃の目的を説明します。 ネットワークを利用する主なユーザー ネットワークは、様々な種類のユーザーが利用します。 以下に、主なユーザーの役割(種類)を4つに分類し、説明します。
ネットワークを利用する主なユーザー
ネットワークは、様々な種類のユーザーが利用します。 以下に、主なユーザーの役割(種類)を4つに分類し、説明します。


匿名ユーザー
ネットワーク(ドメイン)にユーザーアカウントを持たないユーザーです。 AnonymousやGuest権限で、WEBサーバーをはじめとする内部コンテンツに対し、Internetなど主に外部からアクセスします。 匿名ユーザーに許可されるアクセス権は、一部のリソースに対する読み取りが一般的です。
認証ユーザー
ネットワーク(ドメイン)にユーザーアカウントを持たないユーザーです。 AnonymousやGuest権限で、WEBサーバーをはじめとする内部コンテンツに対し、Internetなど主に外部からアクセスします。 匿名ユーザーに許可されるアクセス権は、一部のリソースに対する読み取りが一般的です。
データ管理者
ネットワーク内のデータ、ファイルやフォルダなどの資源に対して管理権限をもつユーザーを、データ管理者と呼んでいます(※DataBaseの管理者とは意味が異なります)。 データ管理者は、特定のオブジェクトの作成や削除、変更などのアクセス権が許可されます。
サービス管理者
特定のサーバーに対しサービスを構成する、ドメインコントローラ上にユーザーをはじめとするオブジェクトを作成するなどの権限をもつユーザーを、サービス管理者と呼んでいます。通常、サービス管理者は、ドメインコントローラやリソースサーバーへの物理的なアクセス(ローカルログオンなど)が可能です。
物理アクセス者
サーバーに対し物理的に接触するユーザーです。ネットワーク経由ではなく直接アクセスし、ローカルログオンなどを行ないます。ネットワークに対する攻撃は、ユーザーにより開始されます。上記のユーザーが悪意を持ってネットワークにアクセス、攻撃した場合、脅威となります。
ネットワーク攻撃の目的 k
一般的に、ネットワーク攻撃者の当面の目標は、システム管理者の権限を不正に取得して「システムを掌握する」ことです。この脅威は、常に存在します。 脅威となる攻撃に対策を講じるためには、悪意を持ったユーザーの目的を把握することが必要です。次回は、前述したユーザーの主な攻撃方法や、攻撃に対する基本的な対策を説明します。
上へ戻る
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.