転職 エンジニア
職務経歴書・エンジニアの転職
初めてご利用の方へ 職務経歴書の書き方 会社概要 サイトマップ

ITエンジニアの職務経歴書

トップ > 転職アドバイストップ > IT関連記事一覧 > Network
応募書類ノウハウ 転職アドバイス 人材紹介とは
新着求人、転職アドバイス
役立つ情報をお届け。
 

Network

プロトコルとは何か プロトコルとは何か4
TCP/IPによる通信で利用するIPアドレスの仕組みについて
前回の内容では、IPアドレスがインターネットの利用に利用されていることをご説明しました。 今回はそのIPアドレスの仕組みについてもう少し具体的なご説明をしたいと思います。
IPアドレスはネットワークで利用されるものですが、TCP/IPの世界ではこのネットワークを1つの通信グループとして考え、ネットワーク内に存在するPCなどは『ホスト』と呼ばれます。ホストはIPアドレスを利用して他のホストと通信を行ないます。
例えば以下の例ではホストAが192.168.10.1、ホストBが192.168.10.2というIPアドレスを持っています。しかし、実際には同時にもうひとつIPアドレスに欠かせない数値を持っているのです。それが『サブネットマスク』です。
サブネットマスクはIPアドレスをネットワーク部とホスト部に分ける役割を持っています。下記の例では両者が同じ255.255.255.0というサブネットマスクを持っています。この場合、両ホストは同じ192.168.10.0というネットワークに属している、ということになるのです。同じネットワークに属していれば、両ホストは基本的に通信は可能です。



それに対して以下のような場合は通信ができません。ホストAは192.168.5.0というネットワークに属していますが、ホストBは192.168.10.0というネットワークに属しています。それぞれの属しているネットワークが違うので通信できない、ということになります。



IPアドレスには上記のような約束事があり、実際にはもっと多くの決まりが存在しています。たとえば、例に挙げた192で始まるIPアドレスはクラスCのIPアドレスと呼ばれ、割り当てられるサブネットマスクは255.255.255.0にほぼ固定されます。このクラスというのは、AからEまで存在しており、そのなかでも実用されているのがA、B、Cの3つのクラスです。あるIPアドレスがどのクラスに属するのかは、最初の数字(第1オクテッド:例でいう192に当たる部分)によって決まります。以下にIPアドレスのクラスと割り当てられるサブネットマスクを示します。

   クラス 第1オクテッド サブネットマスク
   クラスA 1〜127 255.0.0.0
   クラスB 128〜191 255.255.0.0
   クラスC 192〜223 255.255.255.0


また、サブネットマスクで0の部分がホストアドレスを表しています。例で挙げました192.168.5.1の場合ですと、ホストアドレスに当たる第4オクテッドが0〜255までの数字を表せます。しかし、これら数字は全てがホストアドレスというわけではありません。それを以下に示します。

   192.168.5.0 ネットワークアドレス
   192.168.5.1 ホストアドレス
   192.168.5.2 ホストアドレス
   :
   192.168.5.255 ブロードキャストアドレス


といった具合です。ネットワークアドレスとは、ネットワーク全体を表し、ブロードキャストアドレスはネットワーク全体のホストを表します。


上へ戻る
一覧へ
職務経歴書自己PR文例集 | 職務経歴書作成上の基本 | 職務経歴書Q&A
職務経歴書(履歴書)ダウンロード | 職務経歴書の書き方実例 | メールマガジン
会社概要 | 職務経歴書の書き方 | 利用規約 | 個人情報保護 | サイトマップ | お問い合せ |
Copyright(C) 2014 t-ways consulting.inc All Rights Reserved.